福祉施設の特別養護老人ホームの入所者は少しずつ介護重度化が進み、入所後にも身体状況の変化が大きく、入退院による措置状況の変動が激しくなっています。
平均在所年数も短くなる傾向がみられるようになり、介護業務内容も生活上必要な基本的介護の割合が高くなり、アクティビティとしてのクラブ活動やレクリェーション行事のあり方や進み方も入所者の全体的な介護重度化に合わせ変化しています。


福祉施設の特別養護老人ホームは、介護の専門施設であり、地域の拠点としての役割を担うようになり、在宅介護支援センターの併設などが進められ、従来の施設入所者のための施設という位置づけから在宅サービスの延長に施設入所があるという考え方に変化しつつあります。


このことは、収容施設といわれていた従来からの施設の閉鎖的なイメージに対し変化をもたらす結果ともなっています。

介護付き有料老人ホーム情報を見つけましょう。

在宅での生活を基本とする介護保険制度の施行にあたり、福祉施設の特別養護老人ホームは従来の生活のための施設、すなわち終の棲家から、通過施設であるとされ、入所にあたって在宅への復帰を常に念頭において、サービス計画を策定することがうたわれています。

Girls Channelのマニアックな情報をお届けします。

また、従来の措置制度による入所者の生活全般を支えていた仕組みから、社会保険制度の導入による保険給付対象となるサービスと給付外のサービス内容が明確化される仕組みへと変わり、施設と入所者の契約関係に大きな変化をもたらすことになっています。